DRMの規定を見直して思い出した。OSとかが透過的なファイルシステムとして見せられたら、私的複製も合法になるのでは疑惑

Show thread

.eduドメインの話調べた、なるほど。2001年以前の既得権益か。
とはいえ運営はベリサイン傘下らしいし、なかなか厳しそう。

煮詰めて考えてしまうと、35条作った時にコロナはなかった、ということに尽きるかもしれない。これだけ見るなら、条件が整えば複製も認められてる。
bunka.go.jp/seisaku/chosakuken
もちろん対応して「指針」が出てるのは知ってるけど、法的拘束力はないだろうし。

大学ドメインどころか、研究関係の.go.jpドメインでライセンス分からんものを推奨してる、というか予算割いた成果物がそれ、というのをこないだ見てしまったな……

itmedia.co.jp/news/articles/22
「攻撃者はスクリプトを使うなどしてログイン試行を何度でも繰り返すことができる」
いやこの前提を許すシステムがおかしいやろ。

なんとかプログラム報酬は要らないし、生株もいらないので、全社純利益の1%だけうちに毎月お振込みいただきたい

いかにもありそうな話だし私企業が経済合理性を考慮するのは当然だけど、まー基準は動的に変わるでしょうし、分からんすねぇ。
静的だったり、境界値探ることで規約違反にならないなら、二分探索できるんだけど。

ということでつまり、ネット住民はもう十分に「AIに支配されてる」んじゃないかな。
マストドンの連絡先、みんなセルフホストしてます?

ban自体が100%プログラムかというと、「経営判断」の介在余地は残しときたいだろうなとか自分は想像しますけど、まぁなんも分からんすね

EUだかEEAだとたしか、消費者側が一方的に不利益を被るような判断は人間が確認する、みたいなルールがあった気がするけど、さてどこまで守られているのやら

Show thread

心当たり無くてよく分からんがbanされて、人間とまともにやり取りできない(法律や内部ロジックを守る必要があるのでテンプレ回答ばかり)、結局知り合いのツテとか規制当局をうまく頼って、かつ運が良くないと復活できないやつ。

Show thread

もっとはっきりした現代の例だと、ビッグテックの垢banですかね。
規模からして全部人間がトリガーしてるとは考えられない、たぶん大半がAI……と言えるような機械学習がどこまでかは分からないけど、ともかく大半はプログラムで判定されてるんじゃないかな

ただ作中の「電話で問い合わせ」とか「分かりませんというのが恣意的」とか、それはそれで人の意図が込められている設定だった気がするので、また別の「マイルドな」話(人間への対応に人間の意志が強く影響している)ではあるかもしれない

Show thread

SACの最初のだったかな(2002年らしい)、電話で問い合わせると人工知能が対応する場面があるんだけど、特定の質問には「分かりませんでしたてへぺろ」って言って無視するやつ。
まずチャットボットに聞く必要があって、何聞いても適切な反応がなくて、さらに人間を出す方法が自明じゃない、という銀行の窓口とか、まさに今そんな感じ。

実際それに近い状態や状況の場面はいくらでもありそう

「AIが人類を支配」の中に「それを人類が自覚できる」は入ってなさそう、というマジレス

CSSの計算結果を取り出す、ってどうやるんだろう。まーぐぐればなんか出てくるか。
とりあえずここにはHTMLもCSSもまだいないな? github.com/shinh/elvm

Show more
Best Friends

友人と、くだらない話をしよう。Best Friends はあなたにとって最も居心地がいい場所でありたいと願って作られた Mastodon サーバーです。